このページの本文へ

お知らせ

コンプライアンスは自社ブランドを維持向上させる

会社が社会からどう見られるかを意識することが必要です。
コンプライアンスが上手く浸透しない原因の1つが、「何をすべきか」を考えすぎることです。
自社として、社会から正しく見られるために、最低限、何が必要かを考えることで、社員の心を同じ方向に向いていきます。
例えば会社の歴史、自社ブランドの成長プロセスなどから始まり、それを維持するために最低限何が必要かを考える方が効率的に浸透していきます。

一覧へ戻る

Page TopPage Top