このページの本文へ

おすすめ情報

コンプライアンス

ヘイストスピーチ 今度は名誉毀損罪

在日韓国人の男性に、ネット上で人種差別的な発言、いわゆるヘイトスピーチをし、それによって名誉を傷つられたとして、投稿者の男性2人を名誉毀損罪で罰金10万円の略式命令を出した。侮辱罪より罰則が重い名誉毀損罪は全国初。
自社の社員がこのようなことにならないよう、コンプライアンスの社員教育は必要です。

一覧へ戻る

Page TopPage Top